脇の黒ずみをレーザートーニングでケア

脇の黒ずみを 皮膚科クリニックなどで治療する場合、レーザーを使うという方法があります。

 

レーザーによる脇の黒ずみ治療についてご紹介しましょう。

 

 

 

 

脇の黒ずみ,レーザー

 

脇の黒ずみを専門家にケアしてほしい、より早く黒ずみを解消したいという方に人気なのが、皮膚科やクリニックでのレーザーによる治療。

 

レーザーというと脱毛などでおなじみですが、実はシミの治療にも使われています。

 

脱毛と同じように、レーザーを照射することで、シミのもととなるメラニン色素に働きかけるという治療法です。

 

 

一口に医療用レーザーといっても 様々な種類があります。

 

脱毛用の医療レーザーも 痛みなどが出にくい機材などが開発されています。

 

脇の下や顔のシミなどのトラブルには一般的なレーザー機器だけではなく、最近ではレーザートーニングと呼ばれる 出力が低めの機材も使われることが多くなっています。

 

出力が低いぶん、デリケートな脇の下のお肌への負担も少なく より安心できる治療法として人気がありますが、黒ずみへの効果がしっかり実感できるまでは数回通う必要があります。

 

また、皮膚科によっては レーザー治療と合わせてピーリングや、特別な保湿によるアフターケアなども取り入れた治療法を行っています。

 

より効果が期待できたり、お肌により負担をかけにくくなるので このように組み合わせた治療法を提案されることが多くなっています。

 

 

 

脇の黒ずみ,レーザー

 

さて、実際に病院で脇の黒ずみの治療を受ける際に気を付けたい点はどのようなものがあるのでしょうか。

 

皮膚科クリニックでの美容目的のレーザー治療は 原則として保険が効かず、全額自己負担となります。

 

さまざまなオプションがつくことで より治療効果が期待できますが、トータルでそれなりに費用がかかってしまいます。

 

カウンセリングで どのような治療内容なのか、通院回数の目安や費用などをしっかり確認しておきましょう。

 

クリニックの機材の都合などでレーザートーニングではなく一般的なレーザーでの治療となる場合もあります。

 

また、提案される治療法がレーザーではなくピーリングを中心としたものになる可能性もあります。

 

ですので カウンセリングで説明を受けた上で 納得ゆく治療内容かどうか よく理解した上で決めるようにしましょう。

 

 

 

また、レーザーは 効果が期待できる治療法ですが、一度ですぐに脇の黒ずみが解消する、というわけではありません。

 

脇の下のお肌への負担を最小限に抑えながらの治療となりますので、一定間隔をあけた上で5〜6回ほど繰り返して照射する必要が出てきます。

 

そうなると やはり満足するまで費用だけでなく 数か月程度 時間もかかるとみておいたほうが良いでしょう。

 

どうしても今すぐに!という場合には向いていません。

 

緊急時は ボディ用のファンデーションなどで隠すことになります。

 

 

 

脇の黒ずみ,レーザー

 

脇の下の黒ずみは 自宅で専用のクリームを使ったセルフケア方法もあります。

 

朝と夜に脇の下にジェルクリームを付けるだけのケアですのでとても簡単です。

 

通院せずに通販で気軽に購入することができ、1か月あたり2,980円から始められます。

 

自宅でのケアですので、通院する手間などもかかりません。

 

保湿だけでなく、美白ケアもできるジェルですので 続けることで効果が実感しやすいと人気になっています。

 

予算を決めて脇の下の黒ずみをケアしたい、という方は まずはこのようなクリームの使用をおすすめします。

TOPへ