脇の下の黒ずみがかゆい場合

脇の下の黒ずみが気になるだけでなく、かゆい・・・

 

これはちょっと辛いものがありますよね。

 

ですが、黒ずんでしまった脇の下がかゆい、といのは実はよくあることなのです。

 

原因を知ってしっかりケアしてゆきましょう。

 

 

 

脇の黒ずみ,かゆい

 

脇の下の黒ずみがかゆい、そのかゆさの原因はいくつかあります。

 

いずれもお肌にとっては刺激。

 

刺激となることで 色素沈着がしやすくなり、より黒ずみが悪化してしまうので注意が必要です。

 

 

 

脇の下に使うエチケットスプレーですが、合わないものを使うと かゆみなどの刺激となる場合があります。

 

使うとかゆくなる、という場合には中止しましょう。

 

かゆみがでない別の制汗剤を使うようにしましょう。

 

 

 

脇の下を洗う際に クレンジングなどを使ったり、ボディタオルなどでゴシゴシと強くこするとお肌に刺激となります。

 

クレンジングでの洗浄は週に1回程度にとどめて、毎日のケアでは 泡立てた石鹸でやさしく手で洗うようにしましょう。

 

 

 

下着や洋服がすれることで かゆみに感じる場合があります。

 

黒ずみが出てしまった脇の下は ちょっとした刺激にも敏感に反応しやすくなっています。

 

裏がチクチクする下着や、腕の下をしめつけるような洋服は避けるようにしあしょう。

 

 

 

お顔用の美白クリームには、ハイドロキノンなど とても強い作用の美白成分が配合されているものがあります。

 

そういったものを脇の下に使うと ピリピリとした刺激になりなすいので注意が必要です。

 

美白成分でケアする際には 刺激になりにくいものを選ぶようにしましょう。

 

お肌に刺激になりにくいプラセンタ配合の 脇の下専用のジェルクリームなども市販されていますので、こういったものがおすすめです。

 

 

 

私たちのお肌は 乾燥するとかゆみが出やすくなります。

 

しっかり保湿をこころがけるようにしましょう。

 

 

 

ムダ毛をカミソリや毛抜きなどで自己処理し続けることで お肌が敏感肌になり ちょっとしたことでもピリッとした刺激やかゆみになりやすくなります。

 

また、かみそりによるケアで埋没毛となってしまい かゆみとなる場合もあります。

 

いずれにしても カミソリをひんぱんに使うことはお肌にとって かなりの負担となり黒ずみが悪化する大きな原因となりますので気を付けましょう。

 

サロンなどでプロの手でケアする方法も検討することをおすすめします。

 

 

このいずれかに当てはまる、という方は まずはケア方法をしっかり見直しましょう。

 

ムダ毛はサロンなどでケアしたほうが 自己処理の負担が減り 黒ずみだけでなくかゆみ対策にもなります。

 

また、いずれも当てはまらないという方は 疥癬などの皮膚病の場合があります。

 

お医者様に一度みていただくようにしましょう。

 

 

 

脇の黒ずみ,かゆい

 

脇の下がかゆい、という際に気を付けたいのが かいてしまわないようにすることです。

 

脇の下をかくことで 刺激となり色素沈着、つまりさらに脇の下が黒ずむ原因となってしまうのです。

 

かかないようにするのは ちょっと大変ですが、まずはかゆみの原因をしっかり見直して対策するようにしましょう。

 

また、脇の汗がムレてしまうことで違和感を感じるようでしたら、下着を工夫する、脇汗用のパットなどを使うなどしてみましょう。

TOPへ