脇の黒ずみケアにハイドロキノンは使える?

脇の黒ずみ解消に美白成分のハイドロキノンは使えるのでしょうか?

 

シミのケアなどで話題のハイドロキノン入りのクリーム、黒ずんでしまった脇の下のケアに使ってしまっていいのでしょうか?

 

 

 

 

脇の黒ずみ,消す,ハイドロキノン

 

結論から言いますと、市販のハイドロキノンクリームを脇の黒ずみのケアに使うのはおすすめできません。

 

ハイドロキノンはできてしまったシミにパワフルに働きかけることで知られています。

 

それだけではなく、強い作用があるのでお顔につける際にピリピリと刺激になりやすいことでも知られています。

 

できるだけ刺激になりにくいように工夫された美白クリームが増えていますが、お肌が荒れている場合などには使わないほうが良いとされています。

 

 

黒ずんでいる脇の下のお肌は、ムダ毛の自己処理などで傷んでいる状態。

 

お肌が外部からの刺激を受けやすくなっています。

 

ですので、シミのケアをするノリで脇の下の黒ずみのケアにつかうと かゆみや痛みなどのトラブルになる可能性が高いのです。

 

さらに傷んでしまうことで、黒ずみをケアするどころか、さらに色素沈着が悪化する場合もあります。

 

ですので、自己判断でハイドロキノン入りの美白クリームを脇の下に使うのはやめておいたほうが良いでしょう。

 

どうしてもハイドロキノンで脇の下の黒ずみを解消したいという場合は、皮膚科でまず相談してからにしましょう。

 

 

 

脇の黒ずみ,消す,ハイドロキノン

 

美白成分はハイドロキノン以外にも様々なものがあります。

 

ハイドロキノンほどパワフルでなくても、刺激になりやすい成分もあれば、お肌により安心して活用できる美白成分もあります。

 

お肌に刺激になりにくく使いやすい成分の代表としてプラセンタがあります。

 

プラセンタにはお肌の代謝をサポートする働きがあるとされています。

 

色素沈着でメラニン色素ができてしまったお肌をターンオーバーで徐々に新しいお肌にするのを助けてくれるのです。

 

部分的な漂白作用で知られるハイドロキノンとは違い、お肌全体の肌力アップも目指すことができる成分なのですね。

 

 

また、プラセンタには保湿作用があることでも知られています。

 

黒ずんでしまった脇の下は お肌が敏感肌状態で乾燥しやすくなっています。

 

ですので美白成分を与える前に保湿もしっかり行う必要があります。

 

プラセンタなら 保湿効果も期待できるので、脇の下の黒ずみのケアにも使いやすいのです。

 

 

ですので、脇の下の黒ずみのケアには ハイドロキノンよりもプラセンタがおすすめです。

 

市販のジェルを活用するのでもよいですし、脇の下の黒ずみケア専用のジェルでプラセンタ配合のものもありますので、こういったものを使うのもおすすめです。

 

 

 

美白成分配合のジェルで脇の下の黒ずみをケアしはじめたら、黒ずみの原因もきちんとチェックしておきましょう。

 

合わない制汗剤を使っている、

 

ムダ毛の自己処理で ひんぱんにカミソリを使う、

 

こういったことは 脇の下のお肌に刺激となり、色素沈着する機会をどんどん増やす原因になっています、

 

かゆみなどが出る制汗剤は使わない、かみそりを当てる回数を減らすなど 脇の下のケア方法を見直しましょう。

TOPへ