脇の黒ずみは保湿で解消できる?

脇の黒ずみ解消には保湿ケアが欠かせません。

 

黒ずみと保湿?

 

ピンとこないかもしれませんが、どのような関係があるのでしょうか?

 

また、脇の黒ずみは保湿だけで解消できるのか検証してみました。

 

 

 

 

脇の黒ずみ,保湿,解消

 

脇の黒ずみには保湿が必要です。

 

ですが、黒ずみになぜ保湿が必要なのか、ということはちょっと分かりづらいですよね。

 

黒ずみをまずは美白でホワイトニングをしたい!

 

そう思う方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、何よりも重要なのが保湿なのです。

 

 

脇の下はとてもデリケートな部位です。

 

エアコンなどのちょっとした影響で乾燥しやすいことで知られています。

 

冬場になるとお肌は乾燥しやすくなりますよね。

 

脇の下のお肌も同じように、ちょっとした影響で乾燥しやすくなります。

 

エアコンの効いた部屋にいるだけで乾燥してしまうほど 脇の下はデリケート。

 

 

 

脇の黒ずみ,保湿,解消

 

そして黒ずみに悩んでいる方の脇の下は、汗が出てもカサつきがち。

 

この状態を放置すると 黒ずみはずっと残ってしまいやすくなります。

 

詳しくご説明しましょう。

 

 

お肌は乾燥することで肌の生まれ変わりのサイクル、ターンオーバーが乱れます。

 

健康な状態のお肌でしたら、お肌にできたメラニン色素は このターンオーバーのサイクルで自然と剥がれ落ちます。

 

ですが、乾燥によりターンオーバーが乱れると、いつまでもお肌にメラニン色素が残ってしまい、黒ずみとして見えるようになるのです。

 

 

 

このメラニン色素ですが、なぜできてしまうのでしょうか?

 

大きな原因として ムダ毛の自己処理でカミソリを使うことが刺激となることがあげられます。

 

この刺激により色素沈着しやすくなるのです。

 

そしてカミソリや毛抜きによる刺激は メラニン色素をできやすくするえだけでなく、お肌のターンオーバーを乱す原因にもなります。

 

 

さらに、お肌の摩擦も黒ずみの大きな原因の一つ。

 

肌乾燥を加速させると同時に 色素沈着もしやすくなります。

 

脇の下をゴシゴシとこすり洗いをしたりすることで 黒ずみができやすく、そして消えにくいお肌になりやすくなります。

 

 

ですので、まずは お肌が乾燥してしまう原因を作らないようにすること、その上でしっかり保湿をすることが必要になります。

 

 

 

保湿といっても 様々な方法がありますよね。

 

化粧水や保湿ジェルなど、手持ちの保湿剤でかまいませんので今日からケアをはじめてみましょう。

 

シャワー後に お顔に保湿をするのと同じタイミングで脇の下も保湿をします。

 

 

とはいえ、黒ずみトラブルを抱えた脇の下は 角質が厚くなっている、敏感になっているなど様々なトラブルを抱えています。

 

そのため 手持ちの保湿剤ではカサカサ感が取れない、刺激になってしまうこともあります。

 

そういった場合は 黒ずみ専用のジェルクリームの活用をおすすめします。

 

お肌に浸透しやすいだけでなく、美白成分なども配合されていますので一つをつけるだけで保湿ケアと美白ケアが一度にできます。

 

また、敏感になっている黒ずみ箇所でも安心して使える無添加のものもあります。

 

こういったものを上手に活用して脇の黒ずみを保湿してみてはいかがでしょうか?

TOPへ