脇の黒ずみの原因

脇の黒ずみの原因はいくつかあります。

 

そのほとんどが、脇の下を刺激してしまうことが原因です。

 

脇の下が黒ずむ原因について具体的にご説明しましょう。

 

 

 

 

 

目立ちやすい脇の下の黒ずみ。

 

脇の下のお肌はとてもデリケート。

 

ですので、ちょっとした刺激が色素沈着からくす黒ずみになりやすく注意が必要です。

 

そして刺激によって角質が厚く残り黒ずんで見えるようになる場合もあります。

 

 

具体的に原因をご説明しましょう。

 

 

 

脇,黒ずみ,原因

 

脇の下のムダ毛の カミソリなどを使った自己処理は、お肌にかなりのダメージを与えてしまいます。

 

カミソリでの自己処理は それこそ数日に一度、夏場などは毎日になることを考えると 頻繁にお肌にダメージを与え続けることに。

 

ダメージから色素沈着が起こりやすく、また角質も盛り上がりやすくなるので さらに黒ずんで見えやすくなります。

 

 

カミソリがダメなら、毛抜きならいいかというと、そうではありません。

 

無理に毛を抜くことで 毛穴周辺が炎症を起こしやすくなります。

 

また、除毛剤を使ったケアも お肌に負担をかけてしまいます。

 

ですので ムダ毛のセルフケアは脇の下にダメージを与えやすいということをよく理解しておきましょう。

 

 

脇の下のムダ毛は エステでお肌により刺激を与えずにケアをすることができます。

 

最近は脇の下の脱毛なら とても安く始められるエステサロンも増えています。

 

上手に利用して 自己処理を止めるようにしましょう。

 

 

 

 

脇の下を強くこすることで 摩擦となり、これが黒ずみの原因になります。

 

体を洗う際に 目の粗いボディタオルでゴシゴシを脇の下を洗うと 刺激となります。

 

また、合わない生地や かたい生地の下着や洋服を着用することで チクチクしたり こすれてしまい刺激となります。

 

脇の下を洗う際には よく泡立てた石鹸やボディソープで お肌を包むようにして洗うようにしましょう。

 

そしてできるだけ脇の下に刺激となりにくい生地の下着や洋服を着用するようにしましょう。

 

 

 

脇,黒ずみ,原因

 

脇の下はデリケートですが、汗などで汚れやすくなる箇所でもあります。

 

ゴシゴシと強く洗うのは刺激となってしまいますが、かといって きちんと洗わないと汚れからくる炎症が起こりやすくなり、黒ずみになりやすくなります。

 

また、抑汗剤も 極端な使い方をすると 毛穴をふさいでしまうなどのトラブルの原因になります。

 

汗のニオイが気になる季節は 優しく洗うこと、その上で適度にケア製品を使うようにしましょう。

 

 

 

脇の下の黒ずみ、実は 食生活などの生活習慣が原因になることがあります。

 

食事が黒ずみというと不思議な感じがしますが、実は私たちのお肌は定期的に代謝をしています。

 

この肌代謝が滞ることで 古い角質がお肌に残りやすくなり、黒ずんで見えるようになるのです。

 

ですので、お肌の生まれ変わりのためにも ビタミンをよく意識した食事を摂ることも重要です。

 

また、睡眠不足はお肌にマイナスですよね。

 

これは お顔だけでなく脇の下のお肌も同じです。

 

寝不足続きが 体にとってストレスとなることで お肌の代謝サイクルへの悪影響などが出やすくなるのです。

 

 

 

脇,黒ずみ,原因

 

女性は妊娠や出産の時期に ホルモンバランスが大きく変わります。

 

その影響で 脇の下などが急に黒ずむことがあります。

 

この妊娠・出産時期の黒ずみは、産後しばらくすると 徐々に気にならなくなってゆきます。

 

ですが、個人差もありますので数年間気になるということもあります。

 

詳しくは >>妊娠と脇の黒ずみ をご参照ください。

 

 

最近では 妊娠中も使える黒ずみケア用のジェルやクリームも増えています。

 

こういったもので早めにケアをしておくことをおすすめします。