デリケートゾーン(お股)の黒ずみケア

黒ずみができやすいのはワキだけではありません。

 

お股、いわゆるデリケートゾーンも黒ずみができやすい箇所。

 

具体的には ビキニラインやヒップも黒ずみができやすく、悩んでいる方も多い箇所です。

 

デリケートゾーンは 脱毛をする方が増えていますが、ムダ毛が気にならなくなったと思ったら黒ずみが気になり始めるという方も増えているのです。

 

 

 

 

デリケートゾーン,ビキニライン,黒ずみ

 

ビキニラインやデリケートゾーンの黒ずみは 脇の下の黒ずみと同様にとても気になりますよね。

 

水着になる時に不潔に見えたり、遊んでいそう・・・と思われるのでは?と気になる方も多いと思います。

 

 

このお股やヒップラインの黒ずみですが、下着やこすり洗いなどによる摩擦が大きな原因。

 

ビキニラインという名前の通り、下着のラインにそって黒ずみができやすいのです。

 

また、生理ナプキンによるムレや、ゴシゴシと力を入れて洗ったりすると刺激となり色素沈着、つまり黒ずみの原因になるのです。

 

そして脇の下と同様に ムダ毛をシェーバーなどで自己処理していた、という方は カミソリによる負担で黒ずみができやすくなります。

 

さらに 股ずれが原因でももが黒ずむというケースもあります。

 

デリケートゾーンやその周辺は意外と黒ずむ原因が多いのがおわかりいただけるでしょうか?

 

 

 

デリケートゾーン,ビキニライン,黒ずみ

 

このデリケートゾーンの黒ずみですが、どのように対策をしてゆくのが良いのでしょうか?

 

まずは原因となることを改善してゆくことが重要です。

 

 

まずはショーツなどを見直ししてみましょう。

 

サイズの合わない下着は 摩擦が起こりやすく黒ずみができやすいので注意が必要です

 

そして素材にも注意しましょう。お肌をしめつけにくい素材や ビキニラインの縫い方が工夫された下着も増えていますので このようなものも検討してみましょう。

 

 

そして、黒ずみが気になるからといって ごしごしとこすり洗いするのはNGです。

 

デリケートゾーンはニオイなども気になりやすい箇所ですが、洗う際にこすったり強い洗浄剤を使ったりと過剰にならないように気を付けましょう。

 

デリケートゾーン専用の洗浄剤を使い、優しくぬるま湯で洗い流すようにするのがおすすめです。

 

生理用品も ムレにくくかゆみが起こりにくいタイプのものも増えていますので、よく吟味して このようなものを使うようにしましょう。

 

 

デリケートゾーンやヒップのムダ毛は できるだけシェーバーなどでの自己処理の回数を減らすようにしましょう。

 

最近はvioの脱毛もとても手軽な価格になってきていますので、このようなものを利用してサロンでケアをしてもらうのもおすすめです。

 

 

そのうえで、脇の下と同じように 黒ずみ対策専用のクリームでのケアがおすすめです。

 

 

 

脇の下もデリケートゾーンも両方とも気になるという方は どちらもケアできるタイプのクリームを使うのがおすすめです。

 

デリケートゾーンケア用クリームで脇の下にも使えるもの

 

もしくは

 

脇の下の黒ずみ用クリームでデリケートゾーンにも使えるもの

 

このどちらかを選べば一つでケアができます。

 

 

デリケートゾーンはデリケートというだけあって、ちょっとしたことも刺激となりやすい箇所。

 

低刺激で作られているデリケートゾーン用 もしくは脇の黒ずみ用ジェルクリームを選ぶようにしましょう。

 

 

いくつか候補があるけど どう選べばよいのか迷ったら、下記ポイントを比較してみましょう。

 

 

配合されている美白成分

 

メーカーによって 配合されている美白成分や量などに違いがあります。

 

まずは どのような成分が配合されているのかをよくチェックして比較しましょう。

 

 

容器の形や容量

 

黒ずみケアクリームも メーカーによって チューブタイプや ふたをくるくると回すジャータイプなど異なります。

 

チューブタイプは持ち運びに便利、ジャータイプは量が多め、などメーカーによって特徴があります。

 

ご自分の利用スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

価格

 

黒ずみのケアは、最低でも3か月続けないと 効果が実感しにくいと言われています。

 

一定期間続ける際に 買いやすい価格なのかどうか、予算内かどうかをよくチェックしておきましょう。

 

 

 

黒ずみクリームですが、いずれのタイプも粘膜には使えませんので、その点注意しましょう。

 

粘膜部分の黒ずみのケアや、ひどいかゆみなどのトラブルを抱えている場合は お医者様に相談するようにしましょう。

TOPへ