脱毛で脇の黒ずみが悪化することってある?

脇の黒ずみの大きな原因の一つがムダ毛の自己処理。

 

かみそりなどをお肌にあてることで 負担となり、色素沈着しやすくなるためです。

 

そのため サロンやクリニックでプロによるケアをしてもらうのがおすすめです。

 

ですが、脱毛ケアをすることで 逆に黒ずみが悪化するという説があります。

 

これは本当でしょうか?

 

 

 

 

脇の黒ずみ,脱毛

 

プロの手による脱毛ケアで脇の黒ずみが悪化してしまう・・・

 

本当にそんなことがあるのでしょうか。

 

エステやクリニックでの脱毛は、ムダ毛に光やレーザーを照射することでケアをする仕組みです。

 

カミソリや毛抜きを使うよりも お肌に負担がかかりにくいのですが注意点が無いわけではありません。

 

レーザーや強い光は お肌に熱や赤みが一時的に残る場合があります。

 

ですので、ケア後はしっかりとお冷やしをする必要があります。

 

また、熱によりお肌が乾燥しやすくなりますので、保湿ケアも必要になります。

 

サロンやクリニックでのケア直後に しっかり冷却や保湿ケアをしないとお肌がずっと熱を持ったり、赤みがひかないなどのトラブルにつながりやすくなります。

 

このようなトラブルから色素沈着につながりやすいので、注意が必要なのです。

 

ですので 脱毛をする際にはカウンセリングで ケアの手順などについてしっかり確認してからかかるようにしましょう。

 

アフターケアで定評のあるサロンやクリニックを選ぶようにしましょう。

 

 

 

脇の黒ずみ,脱毛

 

体の箇所によっては脱毛で黒ずみが目立ちやすくなる場合があります。

 

例えばデリケートゾーン。

 

vioはカミソリなどでの自己処理だけでなく 下着などの摩擦の影響も受けやすい箇所。

 

そしてムレからくるかぶれなども起こりやすい箇所。

 

なので気が付かないうちに黒ずみが進行していることがあります。

 

脱毛ケアですっきりしたと思ったら黒ずみが!といったことが起こりやすい箇所なのです。

 

 

せっかくデリケートゾーンの脱毛をしたのに黒ずみが目立つだけになった、というのも悲しいものがありますよね。

 

ジムで着替えの時にコソコソ・・・となっては 何のために脱毛したのかわからなくなってしまいます。

 

ですが こういった箇所の黒ずみもしっかりケアをすることで解消することができます。

 

 

 

脇の黒ずみ,脱毛

 

まずは気が付かないうちに黒ずみを作っていたのがお肌の摩擦。

 

きつい下着や こすれやすい素材の下着を使い続けることで 擦れてしまい、刺激となり色素沈着してしまいます。

 

ですので締め付けにくいもの、摩擦で肌に刺激になりにくい素材の下着に変えてみましょう。

 

また、ムレやすい下着も お肌のかぶれなどのトラブルから色素沈着になりやすいので注意が必要です。

 

思い当たることがあれば すぐに変えてみましょう。

 

その上で 黒ずみ専用のジェルなどを活用してみるのがおすすめです。

 

 

黒ずみケアのジェルクリームも様々なものがありますが、

 

刺激になりにくいもの、

 

美白成分が配合されているもの

 

 

この2つのポイントを押さえて使うようにしましょう。

 

デリケートゾーン専用に作られた黒ずみケアクリームもあります。

 

こういったものでしたら より安心して使えますね。

 

もちろんvioだけでなく脇の下やひざといった ほかの箇所も使えますので 一つであちこちケアができて便利・

 

まずは試してみることをおすすめします。

TOPへ